当サロンのこだわり

 

image6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月にプライベートサロン「DOLCE」がオープンしました。

DOLCEをオープンさせる時からあった「こだわり」

それは、ひとりひとりのお客様の時間を大事にしようと言う事でした。

きちんと、来店頂いたお客様のご要望を聞き、また待たせることなくスムーズに施術を行うこと。

また周囲のお客様に気兼ねせず過ごして頂くこと。

その為、DOLCEは「完全貸切」「完全予約制」となっています。

小さなお子様がいて、なかなか他のお客様がいる美容室は行きにくい・・

まわりの人が気になって言いたいことが言えない・・

いつも待たされてしまうので時間がかかるから、なかなか美容室に行けない・・

にぎやかな場所が得意じゃない・・

ペットも同伴したい、家族や友人で貸し切りたい、等。

 

そんなお客様に、ご利用頂いています。

 

来店していただいた、その一組のお客様に集中して

そのお客様のために最初から最後まで責任をもって施術する。

それがDOLCEの基本のこだわりです。

 

image3.JPG image12.JPG

サロンオープン当時からあった「写真」を残すと言う事。

 

DOLCEはオープン当時から「写真撮影」をいつかはやろうと決めていました。

それには理由があり3.11の東日本大震災が大きくかかわっています。

DOLCEでスタイリストを担当するスタッフの故郷は福島県の浪江町。

巨大な津波と原発事故により町は壊滅してしまいました。

 

たくさんの町民が家を失い、帰る場所もなくなりましたが

そんな中、津波でなにもかもなくなった中で自衛隊の人たちが見つけ出してくれたもの。

それが写真でした。

 

アルバムや額に入れられた写真は、たくさんの瓦礫の中から見つかり

多くが本人の元に帰ってきました。

なにもかもなくなった中にも、思い出として写真は形を失わなかったのです。

 

また、子供の成長などを写真に残す親御さんは多いかと思いますが

逆もあります。

子供は自分の親の若かりし頃を知らないのです。

子供の成長と共に、親御さんの姿も写真に残す意味。

それは子供が大人になったときに知らなかった

「お父さんとお母さんの若いころ」を見ることができると言う事。

 

写真は思っているよりもずっと、

想い出を形に残した宝物になるのです。

 

ただ写真を撮るだけではつまらないので

横須賀にはたくさん素晴らしい町並みがありますから

そんな街並みを背景に、「思い出の一枚を作品に」

そのコンセプトが誕生しました。

 

たくさんの方々に喜ばれる写真や映像を提供できるよう

一番、素敵なあなたを写せるよう、、

 

DOLCEスタッフ一同、頑張りますので

どうぞよろしくおねがいします。

 image2.JPG